テレビやスマホとどう付き合う?

更新日:2021年11月19日



こんにちは!リーベルアカデミーのゆきです。

本日は、テレビやスマホとどうやって付き合っていけば良いかお話ししていきますね。



私は国際機関AMIでモンテッソーリ教育を学びました。


その時、繰り返し教わったのは「テレビ・スマホは見せない方がよい」ということです。

つまり、モンテッソーリ教育では、テレビもスマホも、内容に関係なく、見せない方が良いと考えています。


なぜなら、モンテッソーリ教育は五感をフルに使える「本物の体験」を大切にしているため、「視覚」と「聴覚」しか使わないスマホ・スクリーンだけでは、脳が育ちにくいと考えているからです。




では、そんなモンテッソーリ教育のプロである私が家庭でママとして、娘たちにテレビやスマホを全く見せていないかと言ったら、そうではありません。笑


ずっと見せっぱなしということはありませんが、家事が溜まってしまった時など頼ることがあります。大泣きしていたら、ついついスマホでなだめてしまいます。



なぜかというと・・・



場所が【家庭】であり、私の立場が【ママ】だからです。




国際機関AMIは幼稚園や保育園・幼児教室で働くモンテッソーリ教師を養成する機関です。お金をいただいて、大切なお子さんの成長を援助する立場にある人を育てるための機関です。なので、テレビやスマホを完全に禁止しても良いと私は思います。私も教師としてお教室でテレビ。スマホをお子様に見せたことは一度もありません。



しかし、家庭は「生活の場」であり、「保育・教育の場」ではありませんママとパパは「モンテッソーリ教師」ではありません


お子さんの面倒を四六時中見る保育の面も、お子さんの将来のことを考えて実行する教育の面も家庭にはありますが、その他にも、料理・洗濯・掃除・それぞれの仕事など、たくさんのタスクを、マルチにこなさなければならないのが、家庭でありママとパパです。


そんな忙しいママとパパに、モンテッソーリ教育の正論を押し付けても、苦しくなるだけです。




というか!!

そんなことわかってるんですよね。

テレビやスマホが良くないってことぐらい。


でも見せなきゃいけない状況で、

罪悪感に苦しんで心がザワザワしますよね。


だから欲しいですよね!

●時間までなら影響ゼロとか、むしろ見せたほうが脳に良いって研究結果が!とか!!笑



残念ながらそんな研究結果はありません!!笑

でも・・・






電子機器に頼らず、しかも家事もちょっとだけ進められる、そんな方法があります。


それは、「子どもに家事の一部をやらせてみる」です。


例えば、キッチンに呼んでタマネギの皮をむかせてみる。



生地をまぜまぜしてもらう。




洗濯物を洗濯機に入れてもらう。

床を雑巾で拭いてもらう。


そしていっぱい感謝する。(ここだいじ笑)


そうすると、子どもは「ママの役に立てた!」と自己肯定感爆上がり間違いなしです。

少しでもそういった関わりを持ってあげると、結構満足してくれたりします♪




リーベルアカデミーでは、モンテッソーリ教育の正しい理論をお伝えするだけでなく、家庭で無理なく実践できるよう、毎週のにわとり倶楽部を通じてフォローを行っていきます。


モンテッソーリ教育を学んでいるママ・パパはお子さんへの愛情が深く真面目な方ばかりです。理論だけお伝えして毎日の暮らしが苦しくならないよう、しっかりとフォローしていきます。


ご興味がある方はこちらの公式LINEにぜひご登録ください。最新情報をお伝えさせていただきます。




閲覧数:10回0件のコメント