ママじゃないと泣き止まない…パパどうするべき?




こんにちは!リーベルアカデミーのゆきです。

リーベルアカデミーでは、モンテッソーリ教育とアドラー心理学を組み合わせて、子育て相談を実施しております。


本日も0歳3ヶ月のお子様を持つご夫婦からいただいた「ママでないと泣き止まない」というお悩みについて、考えていきます。



ママがちょっとお出かけやお買い物にいく間、パパに赤ちゃんを見てもらうと思ったら、赤ちゃんが大号泣!ママが帰ってくるまでの間、赤ちゃんはずっと泣き続けて、パパはあやし続ける。でも、泣き止まなくてヘトヘト・・・


そこへママが帰ってきて、ひょい!っと抱っこしたら、即泣き止む・・・

「自分って一体なんだったんだ・・・」とパパは落ち込み、ママは赤ちゃんを泣かせ続けたことに罪悪感を持つ。



こんな経験ありませんか?

本日は赤ちゃんを育てているご家庭あるあるのお悩みを、産後学にアドラー心理学の考え方をプラスして、パパ・ママそれぞれの心構えについてお話していきます。


 

パパは「泣かれて当然」くらいの気構えで


生後数か月の間、赤ちゃんとママは一心同体です。赤ちゃんはママを自分自身の一部のように感じています。この時期を母子共生期と言います。


つまり、ママは赤ちゃんにとって唯一無二の存在です。そのママが目の前からいなくなってしまうんです。泣いて当然です。


ほとんどのパパは、ママに比べると赤ちゃんに接する時間が短いですし、母乳も出ませんからね。赤ちゃんにとっては少し遠い存在になってしまいます。


しかし、赤ちゃんとママが安心して暮らせるのは、パパが毎日お仕事を頑張って、お家でも育児・家事をサポートしているからです。その偉大さは変わらないので、パパにはぜひ自信を持って、赤ちゃんに接して欲しいと思います。



女性の出産後に分泌される、愛情を司る脳内物質オキシトシンは、実は男性にも出ることが確認されています。しかも、このオキシトシンは子どもとの関わりが深ければ深いほど、分泌量が増えて生きますので、子育てをすればするほど楽しくなっていきます


ぜひ、積極的に赤ちゃんとの時間を過ごしてくださいね。そして、赤ちゃんと四六時中一緒にいるママにとって、自分一人の時間を持てることは何よりの喜びです。辛いこともあるかもしれませんが、赤ちゃんも直に慣れます。「あぁ~、俺には無理だ!」と思わず、根気強く関わり続けてください。


 

ママは赤ちゃんに言葉がけ、パパに勇気づけを


ママは赤ちゃんを預ける時は、必ず赤ちゃんに声をかけてからお出かけしてくださいね。「お出かけするから、パパと待っていてね。〇時くらいには帰ってくるからね。」ときちんと伝えてあげましょう。赤ちゃんは言葉を話すことはありませんが、声色からたくさんのことを感じています


「まだ小さくて何も分からないから」と思わずに、一人の人間として向き合ってあげてくださいね。



そして、帰ってきたら、赤ちゃんだけでなく、パパにも感謝の気持ちを伝えてあげてください。ママにとっては毎日やっていることでも、パパにとっては大冒険だったりもします。「二人の赤ちゃんなんだから、面倒を見てもらって当然」と思うのではなく、感謝の気持ちを伝えましょう。


その時に、アドラー心理学の「勇気づけの技術」が役に立ちますよ。以下の5つに気を付けてパパに感謝の気持ちを伝え、疲れたパパを勇気づけてくださいね。


・感謝を表明する

「お出かけさせてくれて、ありがとう。」「リフレッシュになったよ。」など、ママ自身の気持ちを伝えてあげてください。



・聞き上手に徹する

パパの話をただただ、聞いてあげてください。感じたこと、辛かったことがたくさんあるはずです。



・ヨイ出しをする

パパの話を聞いてると、ついついダメ出しをしたくなると思うのですが(ママは上手にお世話ができるので)、あえて「ヨイ」ところを見つけてパパに伝えてあげてください。ダメ出ししてもへこむだけで成長しないですし、夫婦関係も悪くなります。ヨイ所を伝えて、底上げをはかりましょう。



・相手の進捗・成長を認める

自分と較べずに、過去のパパと較べて、その成長を認めてあげてください。初めて抱っこした時、オムツを代えた時、寝かしつけをした時より出来るようになったこと、探すとたくさんあるはずです。



・失敗を許容すること

慣れてないことをしたパパなので、失敗することも多いですが、大目にみてあげてくださいね。慣れないことをして失敗をするのは、誰にとっても辛いこと。傷をえぐらずにそっと寄り添ってあげてくださいね。



 


いかがだったでしょうか?

本日は産後学にアドラー心理学の考え方をプラスして、パパ・ママそれぞれの心構えについてお話ししてきました。大切な家族なので、お互いのことを理解して、良い連携をしていってくださいね。


次回はパパが赤ちゃんと二人でいる時に活用できるモンテッソーリ教育の「4つのコーナー」という考え方をお伝えいたします。



ご興味のある方はこちらの公式LINEにぜひご登録ください。トークページの下部に表示されているバナーをクリックすると、いつでも最新情報をチェックできます。




 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

今回の記事を書かせていただいた、モンテッソーリ教師ゆきのオススメ育児グッズをご紹介しています。ママと子どもを笑顔にするグッズをたくさんご紹介しておりますので、気になる方は覗いてみてくださいね~!




 


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示