【モンテ×アドラーで解決】一人で着替えられない(後編)





こんにちは!リーベルアカデミーのゆきです。

リーベルアカデミーでは、モンテッソーリ教育とアドラー心理学を組み合わせて、子育て相談を実施しております。


本日は前回に引き続き、3歳のお子さんを持つMさんからいただいた「子どもは一人で着替えられない」というお悩みについて、考えていきます。

前回の記事はこちら



前回はアドラー心理学の「子どもの困った行動には肯定的な目的がある」という考え方に基づいて、「子どもの出来ていること」「目立たない当たり前のこと」に目を向けて、声をかけ続けることの大切さをお話しいたしました。



今回はこのアドラー心理学流の声かけを続けることによって、「自分で着替えたい!」という気持ちを徐々に取り戻したお子さんを応援する関わり方を3点みていきます。

こちらの取り組みは1歳頃のまだ一人で着替えるのが難しいお子さんができますよ。1歳前後のお子さんを持つママさんも要チェックです!



 



①子どもを参加させる


まだ一人でお着替えが難しい1歳台や、朝が忙しいご家庭は、すべて大人がやってあげがちです。しかし、1歳の頃から毎日の取り組みの中で、お着替えに子どもが参加できるように導き、子どもに着替えを【自分の課題】と捉えさせることが大切です。


たとえば、靴下を履くとき、「つま先とかかとはママが合わせてあげるね。〇〇ちゃんは靴下を伸ばすところをお願い!」と声をかけてみたり、ズボンを履く時に「ここに足を入れてね。」と声をかけてあげてください。


全て大人がやってしまうのではなく、発達段階・月齢に合わせて「子どもができる部分を託す」ことが大切です。


そうすることで、徐々にお着替はをママの課題ではなく、「自分自身の課題」となっていきます。自分自身の課題となればこっちのもの!子どもは「一人でできるようになりたい!」という想いを生まれながらにして持っています。ぐんぐんできることが増えていきますよ。





②ママが8倍ゆっくりやってみせる


さて、「一人でできるようになりたい!」と思ったはいいが、やり方が分からないということは良くあります。モンテッソーリ教育ではお仕事をする前に8倍ゆっくりのスピードで提示をして、子どもに正しいやり方を伝えますよね。このお仕事と同じ提示をお着替えの場合でも行ってください。


ママは忙しいので、ささっと部屋の隅、または子どものいない場所で着替えてしまいがちです。しかし、あえて子どもの前で8倍ゆっくり着替えてみてください。


シャツ・ズボン・靴下と全てを毎日提示する必要はありません。今、子どもが取り組んでいる部分・一人でできるようになりたい!と思っている部分だけを取り出して、ゆっくり着替えてみてください。


続けていくうちに「なるほど!そうやってやるのか!」と子どもは吸収していきます。子どもの観察力・吸収力は大人よりはるかに優れています。手取り足取り教えなくても、ママが正しい動きを見せてあげるだけで、自分の物にしてしまいますよ。




③自分で着替えられる洋服を選ぶ


さて、「一人で着替えたい!」と思うようになり、「やり方が分かった!」としても、着替える洋服が問題で一人で着替えられない場合があります。子どもは大人のように自分の身体を自分の思い通りに動かすことはできません。まだまだ練習中です。


なので、子どもの着替えやすい服を用意してあげましょう。

注意するポイントを挙げておきますね。



・襟口が小さめの上着

・背中にボタンのついている上着

・レースがたくさんついていて、どこから頭や腕を出したら良いか分からない上着

・タイトでピチっとしたズボン

・ボタンとチャックのついているズボン

・長い靴下やタイツ

・サロペットやワンピース

・足回りがぴちぴちのパンツ(トレーニングパンツに多い)



つまり、子どもにとっては、シンプルな服が一番着替えやすいということです。



だからと言って、毎日必ずシンプルな機能性を最優先した服を着る必要はありませんよ。

可愛いお洋服をお出かけの時に着るのは親子共々楽しい気持ちになり、笑顔になりますよね。お出かけの時は思いっきりオシャレして、平日は子どもが着替えやすい洋服にするなど、上手くバランスをとって行ってみてくださいね。



 


いかがだったでしょうか?


出来る部分を託すことでお着替えを自分自身の課題とし、正しいやり方を提示し、着替えやすい洋服を用意する。


少しずつで良いので毎日実践してみてくださいね。最初は少し面倒だなと思うこともあると思いますが、急がば回れです!取り組んでいくうちにお子さんが変わってきて、効果を実感すると思います。



リーベルアカデミーでは今後も、モンテッソーリ教育とアドラー心理学を融合した子育て相談の記事を随時UPしていきます。


ご興味のある方はこちらの公式LINEにぜひご登録ください。トークページの下部に表示されているバナーをクリックすると、いつでも最新記事をチェックできます。






 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

今回の記事を書かせていただいた、モンテッソーリ教師ゆきのオススメ育児グッズをご紹介しています。ママと子どもを笑顔にするグッズをたくさんご紹介しておりますので、気になる方は覗いてみてくださいね~!


 


閲覧数:7回0件のコメント