付箋と鉛筆だけでできる!3歳児におすすめの「読むお仕事」

更新日:2021年11月19日



こんにちは!

リーベルアカデミーのゆきです。



本日はひらがなが読めるようになってきたお子さん

ゲーム感覚で楽しめる「言語」のお仕事をご紹介させていただきます。


モンテッソーリ教育の「言語」のお仕事というと、こんな風に

特殊な教具が必要になるイメージがあると思います。





でも、モンテッソーリ教具はとても高価!!

全てお家で揃えるのは到底無理です。




そんな、お家でモンテッソーリ教育を実践したいけど

教具がネックになってなかなか出来ない方!



ぜひ、今回のこのお仕事、やってみてください。

「特別な用意」が全くいらないので

どなたでも簡単に始めることができます。



私も3歳の娘と、実家に遊びに行った時にやりましたよ!



【対象】

・3歳~

・五十音をある程度覚えてから(完璧でなくても大丈夫です)



【用意するもの】

・大きめの付箋

・鉛筆




【やり方】

①部屋の中になる物の名前をゆっくり、一文字ずつ付箋に書きます。

 (声に出して読まないのがポイント!)




②「これ、どこにあるかな?貼ってきてくれる?」と言って子どもに付箋を手渡す。


③子どもが付箋を貼ってくる。



【ポイント】

・濁音・半濁音は子どもの理解度によって入れる。

・「テーブル」などカタカナ表記のものも、平仮名で書く。

・字を書いているところも見せる。(書き方の練習にもなります。)



子どもは大喜びで付箋を貼ってきて

「次はな~に?」と目をキラキラさせながら言ってきますよ。


私の実家は付箋だらけになっていました。笑






こんな風に「動きながら」「ゲーム感覚」で繰り返してくうちに

家中の物の名前とひらがなをマスターしてしまいます。



モンテッソーリ教育というと

「特別な教具」があって「特別な園・教室」でないと出来ない

というイメージがありますが


お家で実践できるお仕事もたくさんあるんです!

ぜひ、世界中が大注目している教育法・モンテッソーリ教育を

ご家庭で試してみてください。


こちらのブログでも随時ご紹介させていただきますし、

リーベルアカデミーでは親御様向けに「にわとり倶楽部」と称し、

ご家庭で実践の仕方についてもセミナーや個別相談を実施してまいります。


ご興味がある方はこちらの公式LINEにぜひご登録ください。



閲覧数:11回0件のコメント