子どもは自ら育つ力を持っている






こんにちは!リーベルアカデミーのゆきです。


モンテッソーリ教育では、子どもには「自ら育つ力=自己教育力」があると考えています。では、この自己教育力とは何か、今日は一緒に考えていきましょう。


 

子どもは何でも自分でできる


モンテッソーリ教育の生みの親マリア・モンテッソーリはこんな言葉を残しています。


子どもはすべてのことができるように生まれてくるのです。もし、できないことがあるとすれば、物理的に不可能な環境にあるか、どうすればいいか、やり方が分からないだけです。


いかがでしょう?なかなか衝撃的な考え方ですよね。


マリア・モンテッソーリが生きていた1900年代前半の社会では「子どもは何もできない存在だから、親や教師の言うことが聞いていればいい!」というのが定説でした。家具や身の回りのもの1つとっても全てが大人サイズです。家庭用の洗面所で子どもが一人で手を洗うことは困難です。大人に抱きかかえてもらって、手を洗わなければなりません。


それに対してマリア・モンテッソーリは真向から違う意見を主張しました。


子どもはすべてのことができるように生まれてくるのです。もし、できないことがあるとすれば、物理的に不可能な環境にあるか、どうすればいいか、やり方が分からないだけです。


分かりやすく言い換えると、「環境を整え、やり方さえ教えれば、子どもは何でも自分でできるんだ!」ということです。



では、なぜ、子どもは人生の先輩である大人が色々教え込まなくても、何でも自分でできるようになるのでしょうか。


 

子どもには自己教育力がある


それは、子どもには「自ら育つ力=自己教育力」があると考えているからです。私たちはよく「子育て」という言葉を使いますが、実は子どもは育てる存在ではありません。自ら育っていく存在なのです。



産まれたばかりの赤ゃんは、まだ自分の力で移動することはできませんよね。しかし、誰かに教えられなくても、やがて寝返りをし、ハイハイをし、つかまり立ちをし、歩けるようになります。生まれた時から、二足歩行に向けて少しずつ自分を発達させていっているのですね。


これこそが、子ども自身の中に自己教育力があることの証です。人間として生きていくために、いつ何を獲得するべきなのか、子どもは発達のプログラムを持って生まれていているのです。

 

周りと比べなくて大丈夫


子どもの発達には個人差があり、同じ月齢であっても一人ひとりの発達のスピードは異なります。私たち親はついつい周りの子どもと我が子を比較して、一喜一憂しますよね。「〇〇ちゃんはもう歩いてるのに、うちの子はまだハイハイ。」「〇〇くんはお話しが上手なのに、うちの子はまだ何も話さない。」「1歳過ぎたのに歩かない。」などなど。


ついつい、他の子と比較したり、平均と比較したりしてしまいます。


でも、この自己教育力があることを知っていると、他と較べる必要がないことに気が付くのでしょうか。子ども一人ひとりの中には自己教育力があり、生まれた時から発達のゴールに向かって歩んでいるんですから。


心配しなくて大丈夫です。周りと比べなくて大丈夫です。今の我が子の発達に向き合ってください。子ども自分のペースでしっかりと前に進んでいます。


私たち親のできることは、環境を整え、やり方さえ教えることです。そして、子どもを信じて待つことです。




リーベルアカデミーでは今後もモンテッソーリ教育とアドラー心理学をベースに、子育てに役立つ情報を発信してまいります。ご興味のある方はこちらの公式LINEぜひご登録ください。トークページの下部に表示されているバナーをクリックすると、いつでも最新情報をチェックできます。


 


最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

今回の記事を書かせていただいた、モンテッソーリ教師ゆきのオススメ育児グッズをご紹介しています。ママと子どもを笑顔にするグッズをたくさんご紹介しておりますので、気になる方は覗いてみてくださいね~!




 


閲覧数:10回0件のコメント